データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響される

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

安いサービスはちょっと心配という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。

一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

以上のことから会社を選ぶ際は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮してMVNOを選択した方が良いことが分かります。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、そのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneはなんと使うことが出来ないのです。

その場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月額1000円前後の格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信(LTE)側を使い切ると速度制限がかかりますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

今現在、格安SIM、スマホを販売する多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。

とはいえ、速度を実際に計ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

具体例として昼休みの時間帯に通信速度を測ると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「帯域の太さ」と「通信の設備」は会社によって異なるものです。

SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、softbankではUSIMカードと呼ばれているICカードのことを指しています。

携帯電話に、大手キャリアのものではなく、格安SIMを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、仮想移動体通信事業者だと月々数百円なんていう料金になることが。

とりあえず、プランニングしてみても良いと思います。

詳しく調べたい方はこちら>>>>>格安SIMとかけ放題の無制限は両立するのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です